皆様、こんにちは!

皆様、こんにちは! ドクターリセラをこよなく愛するフリーアナウンサーの魚住りえです。 この度、コラムテラスで皆様に「ホンモノ・幸せ・・・・」について寄稿させていただくことになりました。 どうぞ宜しくお願い致します。

現在は、アナウンサーの仕事だけでなく、ボイス&スピーチデザイナーという肩書で「相手に良く伝わり、心に響く話し方」のスキルをお伝えしております。 コミュニケーション上手な人は、人生でたくさんのハッピーな出来事に出会えます。また、周りにもいっぱいハッピーを届けることが出来ます。

なかでも、とりわけ「声」はコミュニケーションの中で大切な要素です! 耳心地の良い声は印象を良くしますし、自分の話しに耳を傾けてくれるようになります。 ご自分の「ホンモノの声」の素晴らしさに気づいておられない方が沢山おられます。 私はいつも、「みなさんは、磨けば輝くダイヤモンドの声を持っています」とお話ししていますが、意外と簡単に声を磨くことができるんですよ。 ずばり「声を出すときにお腹を引っ込める!」これだけです。 その時、出来れば大きめの声を出してみてください。 これはいわゆる腹式呼吸による発声です。よく「おなかから声を出して」なんていわれますが、このことです。 詳しく言うと、肺の下にある横隔膜を上げ下げして肺に空気を入れて呼吸することなのですが、この呼吸法ですと、いっぱい空気が肺に入るのです。 皆さんは、ふだん胸式呼吸で話されていると思うのですが、胸で呼吸をすると思った以上に空気が吸えていません。 声のエネルギーの源は「空気」ですので、なるだけ多くの空気を肺に入れる方が良い声が出るのです。

また、腹式呼吸で話すと声が良くなるだけでなく、内臓のマッサージにもなり、代謝があがって痩せやすくなります。 さらには腹筋が鍛えられ、おなかポッコリ体型も改善されていきます。 また、お腹で呼吸することを覚えると、緊張状態が解け、自分のリズムでリラックスすることが出来るようになります。

良いことずくめの腹式呼吸。 これを使って、皆さんも是非「ホンモノの声」を手にいれてくださいね!

魚住 りえ

魚住 りえ

タレント
フリーアナウンサー

魚住 りえRIE UOZUMI

大阪府生まれ。広島県育ち。
母がピアニストという家庭で3歳からピアノの専門的なレッスンを受け、音感を養う。高校時代、放送部に在籍し、数多くのアナウンサーを輩出しているNHK杯全国高校放送コンテストに出場。朗読部門で約5,000人の中から全国3位に選ばれる。慶応義塾大学時代は放送研究会に所属。

1995年、慶応義塾大学文学部仏文科卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。報道、バラエティ、情報番組などジャンルを問わず幅広く担当、出演番組に「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都 心の旅へ」などを担当。

2004年フリーに転身し、テレビ、ラジオを問わず幅広く活躍中。中でも、2004年からナレーターを務めるテレビ東京「ソロモン流」では、わかりやすく、心に響く語り口に定評がある。 「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行う。経営者や弁護士といったビジネスパーソンを中心に口コミで広まり、多くの方が受講する人気レッスンに。

著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済新報社)が15万部を超えるベストセラーとなっている。
近著に「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」(東洋経済新報社)があり、シリーズ累計20万部を突破した。


本業のかたわら、ピアニストの姉・魚住恵とともに、「姉妹で奏でることばと音色~朗読とピアノ演奏による姉妹コンサート~」にも取り組む。

他に、「10歳若返る!話し方のレッスン」(講談社)

オススメ記事

城嶋 杏香の投稿一覧

カテゴリー別

城嶋杏香ブログ