• 魚住 りえ
  • 2018.04.15

チャレンジ

 

 

皆様、こんにちは!

ドクターリセラをこよなく愛するフリーアナウンサーの魚住りえです。

 

 

どんなことにも、思い切ってチャレンジする人って輝いていますよね!

アメリカの作家、エルバート・ハバードは、

「一日に少なくとも一つは自分の力にあまることを成し遂げようとしない限り、どんな人間でもたいした成功は期待できない。」

と名言を遺しています。

 

私の友人でも、「一日にひとつは、自分にできないことをやる。」ことをモットーにしているかたがいます。

 

 

 

思い起こせば私も、10年ほど在籍した芸能事務所をやめ、たった一人で魚住式スピーチメソッドの活動をスタートした時は大きな挑戦でした。

全くゼロからの挑戦でした。

今までの仕事をいったんストップしたため、収入は激減しました。

たとえようのない不安に苛まれ、眠れない日々が続きました。

 

そんな中、私のメソッドを本にしてくだるという大きなチャンスを頂けました。

出版は長年の夢でしたので、「真に欲しいものは、大事なものを手放さなければ手に入れることができない」(私の場合は「安定」を手放しました。)と身に染みて感じたのでした。

 

私のチャレンジに沢山の友人が背中を押し、助けてくれました。

「少しの時間でいい、会って相談に乗って!」とアポをとり、どれだけの人にメソッドの広め方などアドバイスを頂いたかわかりません。

 

私があまりに懸命に「このメソッドで社会の役に立ちたい」と話すものですから、圧が強すぎてビックリした人もいたかもしれません。

 

 

 

 

 

こんな人生の挑戦真っただ中で私が出会ったのが、ドクターリセラの城嶋杏香さんでした。

ご縁というのは本当に不思議なものです。

眠れないストレスで顔にかゆみが出て治らず、悩んでいたのです。

そんなとき、ドクターリセラの製品に出合い信じて使い始めました。

私の肌からかゆみやシミが消えていき、毎朝鏡をみるのが楽しくなりました。

肌のトラブルがなくなったことで、ますます仕事に没頭することが出来るようになったのです。

 

 

 

 

捨てる神あれば拾う神あり。

私にとっては、ドクターリセラは救ってくれた神様のひとりだったのだと思います。

もし今挑戦するか迷っていることがあれば、思い切って一歩ふみだしてみてはいかがでしょうか。

挑戦することで失うものはありますが、それ以上の素晴らしい出会いがあると思います。

私の場合はドクターリセラでした。

 

説得力があるでしょう!!

 

 

 

魚住りえ

 

魚住式スピーチメソッド(https://www.rie-speech.jp/)

 

魚住 りえ

タレント
フリーアナウンサー

魚住 りえRIE UOZUMI

大阪府生まれ。広島県育ち。
母がピアニストという家庭で3歳からピアノの専門的なレッスンを受け、音感を養う。高校時代、放送部に在籍し、数多くのアナウンサーを輩出しているNHK杯全国高校放送コンテストに出場。朗読部門で約5,000人の中から全国3位に選ばれる。慶応義塾大学時代は放送研究会に所属。

1995年、慶応義塾大学文学部仏文科卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。報道、バラエティ、情報番組などジャンルを問わず幅広く担当、出演番組に「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都 心の旅へ」などを担当。

2004年フリーに転身し、テレビ、ラジオを問わず幅広く活躍中。中でも、2004年からナレーターを務めるテレビ東京「ソロモン流」では、わかりやすく、心に響く語り口に定評がある。 「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行う。経営者や弁護士といったビジネスパーソンを中心に口コミで広まり、多くの方が受講する人気レッスンに。

著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済新報社)が15万部を超えるベストセラーとなっている。
近著に「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」(東洋経済新報社)があり、シリーズ累計20万部を突破した。


本業のかたわら、ピアニストの姉・魚住恵とともに、「姉妹で奏でることばと音色~朗読とピアノ演奏による姉妹コンサート~」にも取り組む。

他に、「10歳若返る!話し方のレッスン」(講談社)

魚住 りえの投稿一覧