• ミューズテラス事務局
  • 2018.06.12
  • 記事

ノーファンデーションで美肌を目指そう!

ファンデーションは肌を綺麗にしてくれたり、紫外線からお肌を守ってくれたりします。ニキビや肌、毛穴が気になると、ファンデーションで隠したりしますよね。今回はノーファンデーションのメリットを紹介したいと思います。

 

ノーファンデーションとは

ノーファンデーションというのは、メイクをしないということではありません。あくまでもファンデーションを使わないと言うだけで、ポイントメイクはきちんとしています。肌にとってもっとも負担のかかるファンデーションを使わないことで、肌を強く綺麗にしていこうという考え方なのです。

 

メリット

〇肌への負担が激減

肌に優しいタイプのファンデーションもあります。しかし、ご存知のとおりファンデには化学物質が使われています。そのため、基本的にノーファンデーションにすれば、その化学物質を肌に乗せなくて済むようになります。細かい粒子が毛穴に詰まるような心配もなく、肌は自然な状態を保ったまま呼吸ができます。クレンジングの後の肌がなんだか疲れている…と思ったら、ファンデーションによる肌疲れが原因かもしれません。

〇時短になる

当然手間が省けてらくちんです!朝のメイクで、ファンデーションをしっかりムラなく塗ろうとすると、どうしても時間がかかってしまいますよね。ノーファンデの場合は、そういった手間を省くことができます。さらには、ファンデをやめることでクレンジングも随分とラクになります。ファンデーションは時間をかけて落とさないと、落とし残しがあったり、過度な洗顔で肌に負担をかけてしまうことがあるので、ノーファンデだとその心配がありません。

〇肌の変化に敏感に

ベースメイクをしっかりしてしまうと、濃くなり始めたシミやニキビにも気づきにくくなり、対処が遅れてしまうことがあります。ノーファンデなら肌の変化に気づきやすく、早めのケアができます。

〇自分の肌に自信が持てる・自分の肌を好きになれる

ノーファンデでも自分の肌に自信が持てることで、人と近距離で会話をしていても気になりません。自分の素肌に自信を持つことで、心理的に親密さにあふれた対応で、自然に相手との距離も縮まるかもしれませんね。

 

ノーファンデ=すっぴんではない

ノーファンデ=すっぴんと思われがちですが、それは違います。正しいノーファンデの方法についてご紹介します。

〇UVケア

紫外線は美肌の大敵であることは知っていますよね。いくらノーファンデとはいえ、紫外線対策だけは手を抜かずにやってください。SPFやPA値は外で過ごす時間の長さを決めましょう。例えば、30分~1時間程度の外出ならSPF25++、それ以上ならSPF50++++などです。また、紫外線吸収剤不使用のものを選ぶと、肌への負担も抑えられます。

〇フェイスパウダーをつける

ノーファンでの仕上がりを格上げしてくれるのが、フェイスパウダーです。フェイスパウダーは皮脂を吸収し、ものによってはUVカット効果がある場合もあります。シリコン・合成ポリマー不使用のものを選べば、毛穴詰まりも抑えられます。

 

夏におすすめ

最近ではだんだんと暑くなってきましたね。紫外線対策と同じように、この時期気になるのが「化粧崩れ」ではないでしょうか?気温が高くなることで、汗や皮脂の量もさらに増え、気づけば顔がベタベタ、化粧は崩れてドロドロなってことになりがちです。そうなることで、せっかく塗った日焼け止めも一緒に落ちてしまいます。なので、夏の暑い日などには、化粧崩れも気にならず、お肌への負担が少ない「ノーファンデーション」がおすすめです!

 

まとめ

今まで当たり前のようにファンデーションを使用していれば、ノーファンデーションは少し違和感があるかもしれませんね。そんなときまずは週に1度から始めてはいかがでしょうか。素肌美人になるためにも、肌に優しいノーファンデ生活を初めてみましょう!

ミューズテラス事務局

ミューズテラス事務局の投稿一覧