• ミューズテラス事務局
  • 2018.07.10
  • 美肌

もしかして間違っている?美肌を保つスキンケア

皆さんは美しいお肌を保つためにどんなことをしていますか?もしも、日々のスキンケアがお肌に悪影響だとしたら…とっても悲しいですよね。もしかしたら、あなたのスキンケア常識は間違っているかもしれません。そこで、今回は本当にお肌に負担をかけない美肌を保つ新常識をまとめてみました。

 


念入りなスキンケアが原因かも

 

美肌になりたいと思っている方は、念入りに時間をかけてスキンケアをしているかもしれません。美肌になるためにはキメの細かいハリと弾力のある素肌を育てることが重要です。毛穴がつまる原因になる化粧品や皮脂が顔に残らないようにと過剰なクレンジングを行ったり、コットンを使用して化粧水をたっぷりしみ込ませれば乾燥対策になると勘違いしてしまい、逆にお肌の調子を崩してしまう原因をつくってしまっているケースは多くあるようです。肌トラブルを改善するためには正しいスキンケアを行うことがとっても重要なのです。

 

美肌を保つ洗顔とは

 

洗顔は毎日行うものなので、出来る限りお肌に負担をかけるのは避けたいですよね。とくにクレンジングは洗浄力が強く、お肌に与える刺激も非常に強いです。そのため、保湿成分であるセラミドを奪いお肌の乾燥をまねく原因になってしまいます。もちろん短時間で済ませようとごしごしこするのもNG。クレンジングや洗顔で顔をごしごしこするとお肌に乾燥や小じわの原因になりますので注意しましょう。クレンジングはメイクを浮かせることが目的であり、その後に洗顔でやさしく落としてあげることが大切です。洗顔はお肌に刺激の少ない無添加の「固形石けん」が理想的です。しっかりとネットで泡立てて、お肌を直接刺激しないように工夫すると良いでしょう。

 

乾燥対策の正しい方法

 

お肌の乾燥は敏感肌などさまざまな肌トラブルの原因を引き起こします。潤ったみずみずしいお肌は女子のあこがれです。そのため、保湿にはとっても時間や手間をかけているという方も多いかもしれません。化粧水やシートマスクを利用してたっぷり水分補給すれば完璧と思っている方も多いようです。

 

しかし、実際は化粧水やシートマスクは美容成分よりも「水」でできていることが多く、どんなにたっぷりとしみ込ませても時間と共に蒸発していってしまうのです。さらにコットンを使ってパッティングやふき取りを続けていると、摩擦や刺激によってお肌が黒ずんでしまう原因になるそうです。お肌を触りすぎないようにこころがけましょう。保湿にこだわるなら化粧水よりも美容液などの美容成分がしっかり含まれているものがおすすめです。

 

お肌にふたをする

 

化粧水やシートパックでたっぷりと水分補給したお肌は何もしないと、どんどんと蒸発してしまい意味のない状態になってしまいます。潤いのあるお肌を保ちたいなら、乳液などでしっかりとふたをしてお肌の水分が蒸発しないようにしましょう。しかも塗り込むのではなく、優しく指先でお顔全体にのせてあげるイメージでのばしてあげましょう。強くお肌を押したり、こすったりすると摩擦でくすみの原因になってしまうそうです。美肌を目指すならなおさら気をつけたいですね。

 

 

自分のお肌に合ったスキンケア用品を

 

スキンケアを正しく行っているのに肌トラブルが収まらないという方も少なくはありません。そのような生まれつきの敏感肌(アトピー性皮膚炎など)の方は界面活性剤など化粧品や洗顔料に含まれている化学物質や添加物の刺激に弱いとてもデリケートなお肌なのです。

 

無添加素材にこだわったものを使用してみてください。ドクターリセラのスキンケア用品は添加物や化学物質を一切使用しない、お肌だけでなく環境にも優しい化粧品づくりに取り組んでいます。自然素材のものならお肌に刺激を与えず、スキンケアの効果をそのまま実感していただけると思います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?あなたが日頃から行っていたスキンケアは間違いなかったでしょうか。自分に合ったスキンケア用品で正しいスキンケアを行うことが大切なのですね。スキンケアに注意して、ファンデーションなしでも美しい素肌を保ちましょう!

オススメ記事

ミューズテラス事務局の投稿一覧