更年期ってなに?いつか訪れた時のために

女性であれば誰でも訪れる更年期。しかし更年期と言われてもピンとこない方が多いのではないでしょうか。更年期は症状が重い人と軽い人がいるようです。何歳ぐらいから始まるのか、更年期になったらどのような対策をすればよいかなど更年期になる前に知っておきたいポイントついてお話していきます。

 

更年期症状とは?

更年期とは、閉経するにあたり女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減り、ホルモンバランスが崩れてしまう症状のことです。ホルモンバランスが崩れると自律神経も乱れ、スポーツなどをしているわけではないのに、体がほてったり汗をかいたりします。これをホットフラッシュといいます。ストレスを抱えている人はさらに悪化してしまう傾向があるため更年期を迎えたらストレス発散ができる趣味などがあればいいかもしれませんね。

 

何歳から訪れるの?

閉経した時期を挟んだ前後5年間(約10年間)が更年期です。だいたい閉経するのは50歳前後の人が多く、45歳から55歳頃に更年期を迎える人が多いようです。10年間も更年期と付き合っていかなければならないので上手に乗りこえていきたいものです。

 

更年期障害が重い人、軽い人

症状が重い人は約20%、軽い人は60%、さほど気にならない人が20%のようです。なぜこのように違いがあるのでしょうか。症状が重い人には下記の理由があげられます。

〇運動不足で生活習慣が乱れている。

筋肉が弱ってくると、更年期はどんどん悪化してしまいます。また、睡眠不足や偏った食事をしていることも大きく影響します。

〇真面目で悩みを抱えてしまう性格。

ストレスを抱えていることは自律神経を乱してしまいます。しっかりしている人ほど悩みがちになってしまいますよね。簡単にはいきませんが普段から「これくらいしょうがない」「ま、いっか」と楽観的な考え方をしてみるといいかもしれませんね。

 

更年期障害を緩和するためには

更年期を乗りこえるためには適度な運動が必要です。ウォーキングなどを続けることでホットフラッシュが緩和できたという人が多いです。旦那さんとウォーキングをしてみるのもよし、お孫さんや愛犬とお散歩というのはいかがでしょうか。気分転換にもなりますし、ストレス解消にもなると思います。ウォーキングで筋肉も鍛えられ、骨粗しょう症予防にもなりますし、体脂肪が減ることで乳がんのリスクが低くなります。体重も増加しないことで高血圧や心筋梗塞、脳卒中も予防できるので適度の運動がいかに重要かということがわかりますね!

 

更年期の美容面は?

女性ホルモンには髪や肌に潤いを与えてくれる働きを持っています。女性ホルモンは年齢とともに減っていきます。そのため「ホルモンバランスを整える」ことを意識し、生活習慣を改善していくのが大切です。

 

おすすめの改善方法です。

 

・十分な睡眠をとり、早起きを心がける。

・鉄分、タンパク質、大豆イソフラボンを含む食材を摂取する。

・高麗ニンジンなどの漢方を飲む。

 

生活習慣を一度見直して、自分に合った改善を探してみてくださいね!

 

症状がひどい場合にはすぐ受診しましょう

女性ホルモンは非常に大切なものです。ホットフラッシュが原因で悪化してしまう病気もあります。「これくらい我慢できる」と我慢していると骨粗しょう症を発症したり、動脈硬化が進んでしまったりする可能性もあります。「更年期はみんななるものだし大丈夫」とあなどっていては、後々大変な思いをしてしまうかもしれません。病院からいただいたお薬で楽になる方もいらっしゃいますし、一度お医者様のお話を聞いてみるのも一つの手ですよ。

 

更年期になる前に自分でも勉強しておこう!

いかがでしたか?更年期は女性なら誰しもが迎えるもの。更年期に悩まされるだけの更年期ライフよりも、笑顔で快適な50代を過ごすために若いうちから更年期について生活習慣の見直しなどしっかり勉強しておきたいですね。

オススメ記事

曽利一章の投稿一覧