石原 和幸

庭園デザイナー

石原 和幸KAZUYUKI ISHIHARA

22 歳で生け花の本流『池坊』に入門。以来、花と緑に魅了され路上販売から店舗、そして庭造りをスタート。

その後、苔を使った庭で独自の世界観が国際ガーデニングショーの最高峰である「英国チェルシーフラワーショー」で 高く評価され、2006年から3年連続金メダル受賞後、2012年から6年連続で、ア-ティザンガーデン部門で金メダルを獲り続け、 獲得した金メダルは9つ、さらに部門内1位に贈られるベストガーデン賞とのダブル受賞は4度果たし、2016年大会では出展者では 最高賞のプレジデント賞を受賞した。 日本の玄関口でもある羽田空港(第一ターミナルビル内)に受賞作品「花の楽園」を再現、 東北をはじめとする日本の風景の美しさをアピールし続けている。 全国で庭と壁面緑化事業を展開し環境保護に貢献すべく活躍中。

1958年長崎県生まれ。59歳

株式会社石原和幸デザイン研究所 代表 著書:「世界一の庭師の仕事術」「緑のアイデア」(WAVE出版) 「まず、できますと言え。やり方は帰り道で考えろ。」(中経カドカワ出版) 写真集:「庭」
DVD:「石原和幸の Challenge of Green」

石原 和幸の投稿一覧