世界各国で異なるメイク意識

皆さんはなぜメイクをしていますか。自分の欠点を隠すため?それとも見た目良く見られたいため?それとも身だしなみのため?それぞれ、いろんな理由があってメイクをしていると思います。今回は、世界各国・地域によってメイクの仕方はもちろん、異なる理由を皆様にご紹介していきたいと思います。

 

日本人がメイクに最も気合を入れるのはどんな時?

社会人になって、「身だしなみだから…」とメイクをすることがありますよね。すっぴんは失礼だという意識から、社会人はメイクをするのは常識となっています。会社に行くときに一番化粧に力を入れているのでは?と思うかもしれませんが、日本人が一番メイクに力を入れるときは、実は「同性と遊ぶとき」なんだそう…。

これは国内化粧品が、東アジアを中心とした7都市(東京、北京、上海、台北、バンコク、ソウル、NY)で実施した「女性のライフスタイル調査」から引用したものです。彼氏とデートの時に力を入れているのかと思ったら、意外にも同性と遊ぶ時に力を入れているようですね。

 

メイクにかかる時間はどのくらい?

調査した7都市の中で一番、メイクに時間をかけているのはソウルの女性だそうです。使うアイテム数も多く、自己表現や欠点カバーのために時間をかける傾向があるようです。一方、東京の女性は使うアイテム数はソウルの女性ほどではありませんが多く、しかしかかる時間は7都市の中で最も短いというデータがあります。

 

なぜメイクをするのか。

7都市の中で最も多かった答えが「身だしなみのため」という理由でした。ただ、ソウルの女性で一番多かった理由は「欠点カバー、自己表現」で、他の都市の女性とはまた違う答えでした。次いで多かった理由が「自己表現」で、これは北京、上海、バンコクといったアジア圏の女性に多く見られました。日本の女性は「オシャレを楽しむため」、NYの女性は「女性であることを楽しむため」という理由があり、各都市ごとにそれぞれの色が出ているように感じます。

 

どういう女性になりたいか

調査結果をベースに、各都市の女性のメイクの特徴が明らかになってきました。そこで各都市ごとにどういった傾向があるのかをご紹介していきたいと思います。

東京

チークやアイラインが他と比べて濃い。口元はバランスをとるためにグロスを使って艶感を出す。職場とプライベートで基本的にメイクは変えない。

北京

美しさを追及。ベースメイクに力を入れるがナチュラルメイクが好き。シャドーの色は青みのある、華やかな色味を使う傾向がある。

上海

ナチュラルメイクが好き。ベースメイクに注力し、ポイントメイクは適度に。ベージュやローズなどの優しい色味のものを使う。

台北

化粧品の使用数はほかの都市と比べて少なめ。ベースとアイブロウを重視する。ナチュラルメイクが好きで、メイクをする意味にはリフレッシュをするといった意味合いもある。

ソウル

メイクにはどの都市よりも時間をかけ、アイテムを駆使して欠点カバーに注力する。アイラインとリップを強調したメイクが特徴。チークはあまり使わず、リップはデートの時に色味を変える。

バンコク

ナチュラルメイクが好きだが、リップやアイシャドウでカラーメイクを楽しむことも。メイクはファンデーション、眉、口紅を重点に行う。

ニューヨーク

骨格を生かした目もとメイクが得意。メイクをファッションとして、様々な魅力を引き出す道具としている。ベースメイクよりも、マスカラ、アイライナー、口紅を重要視している。

まとめ

いかがでしたでしょうか。各都市によってメイクをするにもこんなにも違いがあったのか、と知ることができたのではないでしょうか。それぞれの都市のメイクの特徴を真似すれば、その都市の女性に近づくことができるかもしれませんね。身だしなみのため、という理由が一番多い日本ですが、プライベートの時にはいろいろなメイクを楽しんでみては!

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別