コラーゲンの効果

美容のためにはコラーゲン!そう信じて、コラーゲン入りの食べ物やサプリを試してきたのに、本当は意味がなかったなんて知ったらガッカリしてしまいますよね。「口から摂取しても意味がない」というウワサや「即効性がある」など、様々な話を耳にします。今回はコラーゲンについて話していきたいと思います。 

 

コラーゲンとは 

そもそもコラーゲンとはどんなものなのでしょうか。人体を構成するたんぱく質のうち、コラーゲンは全体の30%を占めています。そのコラーゲンの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に、その他は血管や内臓など全身に、広く分布しています。 

 

コラーゲンには 

・細胞同士を結び付ける 

・支える 

・外との境界線をつくる 

といった役割があります。このように私たちの身体を支える非常に重要なたんぱく質の一つ、それがコラーゲンだと言えます。 

 

コラーゲンにまつわるウワサ 

『飲んだりしたものが直接お肌に届く?』 

体内で生成されるコラーゲンが減ってきたら、その分を食品で補うのは間違いではありません。ただし、ここで注意したいのは、飲んだりしたコラーゲンが、そのままお肌に届くわけではないということです。口から摂取されたコラーゲンは、そのまま体内に吸収されるのではなく、体内で体が吸収できるサイズに分解され、アミノ酸として小腸から吸収されます。そのあと、血液にのって体の隅々に運ばれ、必要な場所でコラーゲンとして生まれ変わります。つまり、コラーゲンを摂るとういことはコラーゲンそのものではなく、コラーゲンを作る“もと”となる成分を摂っているということを覚えておきましょう。 

 

『摂れば摂るほどお肌に良い?』 

たくさん摂ることは悪いことではありませんが、いくらたくさんコラーゲンを摂っても、分解して再生することができなければ無駄になってしまう可能性があります。コラーゲンに限ったことではないのですが、コラーゲンだけと偏りすぎず、バランスの良い食事を心がけたいですね。 

 

『体内のコラーゲンの量は年齢とともに減少する?』 

コラーゲンは常に新陳代謝を繰り返していますが、それも20代をピークに新しく生み出す力が徐々に弱まってしまいます。60歳では20歳の時の約半分の量までになってしまうそうです!年齢を重ねていくとシワが気になってくるのも、コラーゲン量の減少も一因と言えるのかもしれません。 

 

コラーゲン生活を始めよう 

コラーゲンは年齢とともに減少してしまうので、食生活で補うことが大切です。サプリメントを選ぶ際は、消化・吸収がスムーズになる低分子タイプがおすすめです。ちなみに、普段の食生活でも補うことができます。鶏肉、豚肉、牛肉、フカヒレなどの皮が分厚い魚などは、コラーゲンが豊富に含まれています。 

 

寝る前に飲むとより効果的 

寝ている間は、成長ホルモンというホルモンが分泌されます。ぜひ、夜寝る前にお肌の材料となるコラーゲンを摂取しておきましょう。翌朝には、お肌のハリとツヤと弾力の効果が期待できますよ。入眠後から3時間が経過するまでにもっとも成長ホルモンが分泌されることがわかっています。 

 

勤務時間の関係で寝るのがいつも遅くなる、という方も、睡眠時間が充分に取れていて毎日同じ時間に寝て起きていれば、成長ホルモンはきちんと分泌されるので安心してくださいね。 

 

食後は吸収率が高い 

サプリメントなどに多い飲み方として食後が挙げられます。一般的に、食後は吸収率が高めです。寝る前では忘れてしまいそうという方は、食後にしてみましょう。また、カプセルなどは、なるべく胃腸に負担をかけにくいぬるま湯で飲むのが理想です。薬などを飲用するのと同じで、胃の粘膜に膜を作ってしまう牛乳などでの飲用は避けましょう。 

 

まとめ 

コラーゲンについて紹介してきました。今日から早速コラーゲン生活を始めてみてはいかがでしょうか。 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別