洗顔でシミのない肌へ

年々、シミが気になる・・・そう感じることはありませんか。日差しが強く、紫外線による肌へのダメージが気になる時期。女性にとって気になるシミは、紫外線から肌を守るだけでは予防できません。シミの原因と対処法をご紹介します。

 

シミの原因とメラニン色素

メラニン色素は紫外線を浴びた時に皮膚細胞が壊されるのを防ぐため、ある程度は肌を守るために必要です。表皮の新陳代謝による角質の循環サイクルである肌の生まれ変わりをターンオーバーといい、28日周期ぐらいが標準的な日数です。ターンオーバーが正常に行われていればメラニン色素は色素沈着せず体外へ排出されます。睡眠不足や加齢、偏った食生活、ストレスなどでターンオーバーが乱れると、メラニン色素が排出されずに必要以上に肌の奥に蓄積されます。蓄積されたメラニン色素は沈着を起こしてシミとなります。

肌は外から受ける刺激から肌を守ろうとする働きが作用し、その一つがメラニン生成です。そして紫外線と刺激の二つがメラニンを増やす原因になっているのです。

 

室内でも紫外線予防

紫外線を浴びると活性酵素が発生し、シミを発生させます。シミだけではなく、シワやたるみの原因ともなり美肌の大敵です。そのため、紫外線の予防をすることが大切です。紫外線にはUV-AとUV-Bがあります。UV-Aは曇りの日でも降り注ぎ、窓ガラスも通り抜けてしまいます。UV-Aは肌を黒くしたりすることはあまりないのですが、曇りの日の室内でも真皮まで届いて肌の内部を攻撃するためシワの原因にもなります。

 

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法とは肌に極力負担をかけない洗顔方法です。意外と正しい洗顔方法ができていない方も多いようです。間違った洗顔方法でシミができたり、増えたりしてしまうことがあります。

 

《皮脂汚れやメイク汚れが毛穴に残り落ちていない》

メイクを落とさずに寝てしまうことはありませんか。夜、寝ている間に紫外線や洗顔の摩擦で傷ついた細胞を修復し、メラニンなどの毒素を排出しています。汚れ落としが不十分だと、肌に残った汚れは酸化し、毒素が排出されず肌がくすみシミになってしまいます。

 

《洗顔料の使い方・間違った洗顔方法》

メイクを落とすという点では、クレンジングをして洗顔のダブル洗顔はよいのですが、こすり過ぎによる肌トラブルの原因にもなります。洗顔量の泡立てが不十分で手で肌をこする、なかなか落ちないからとついついこすっていませんか。洗顔での摩擦が刺激となりシミの原因となります。

 

肌に負担をかけない洗顔方法

《洗顔料を使った洗顔は1日1~2回》

洗顔料の使い過ぎは肌に必要な潤いまで取り除いてしまいます。皮膚の皮脂と水分をとりすぎてしまうと、肌のバリア機能が弱くなり乾燥します。乾燥肌の人は洗顔料の使用は1日1回で十分でしょう。

 

《洗顔料はよく泡立てる》

洗顔料は肌に直接手が触れないように、泡が山盛りになるぐらいまで泡立てて使いましょう。ゴシゴシこすらず泡で汚れを吸着し、摩擦で肌を傷つけることなく洗顔できます。

洗顔後にタオルで顔を拭くときもこすらないようにしましょう。

 

《シャワーは使わず、すすぎはぬるま湯で》

すすぎの時にシャワーの使用は、肌にとって水圧が強烈な刺激となります。シャワーは使わず、すすぎの水は人肌程度、少し冷たく感じるくらいの32~34度くらいの水温が適温です。

 

ホワイトニング効果のある洗顔料

ホワイトニング効果のある洗顔料には、配合されている成分によってアプローチの仕方がいろいろです。ホワイトニング効果が期待できる成分は、メラニンと一緒に不要な角質を取り除く効果があるビタミンC、皮脂やたんぱく質を分解する作用があるパパイン酵素などの酵素、汚れを吸着する作用が高い天然の泥や炭などがあります。洗顔後の洗い上がりなど、サンプルで使用感を確認してから購入するといいでしょう。

 

まとめ

シミはすぐに薄くなる、消えることはありませんが、白く美しい肌を目指し丁寧な洗顔とお手入れをしていきましょう。

 

【関連記事】

「正しいクレンジング・洗顔方法」

「もしかして間違っている?美肌を保つスキンケア」

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別