40代が太る原因

若い頃はちょっと運動すれば脂肪が落ちてたのに、40代になってからなかなか体重が落ちない…、なんてことはありませんか?今回は40代が太る原因について紹介していきます。

なぜ40代から太るのか

40代になると「太りやすく、痩せにくい体質」になるといわれています。では、若い頃と比べて40代になるとどういった部分において体が変化するのでしょうか?

 

《基礎代謝の低下》

10代、20代と比べて40代になると筋力面や体力面で衰えが生じます。これは年齢を重ねることによる老化が原因なので仕方がありませんが、その衰えを緩やかなものにすることで「40代になって急に太った」を防ぐことができるのです。

・18歳~29歳:1210Kcal

・30歳~49歳:1170Kcal

 

年齢と共に身体を動かす機会が減ってきてると思います。基礎代謝が低下していくので、積極的に運動をしていきましょう。

 

《女性ホルモンの低下》

 

 

女性ホルモンも年齢を重ねることによって低下していきます。女性であれば、40代を境に減少していきますが、これは閉経の準備期間にあたるからとも言われています。そのため、40代に女性ホルモンが低下して、その影響で「太りやすく、痩せにくい体質」へと変化してしまうのです。

 

 

生活習慣づくりから

40代になると、脂肪がつきやすく落ちにくくなってきます。まずは、生活習慣を見直して、体を健康に導くことから始めましょう。

 

・睡眠はしっかりとる

ダイエットと睡眠には深い関係があります。睡眠中に分泌される細胞の生まれ変わりなどを行う成長ホルモンが脂肪の分解や中性脂肪・コレステロールの低下に役立っていると言われています。そのため、忙しくても睡眠はしっかりと取るようにしましょう。

 

・運動をする

40代の基礎代謝は落ちているため、運動で基礎代謝をアップさせましょう。基礎代謝をアップさせるためには、軽い筋トレで筋肉量を増やすことが効果的です。筋トレは週2~3回程度で、それ以外にはウォーキングなどがおすすめです。

 

・バランスの良い食事

40代は若い頃と同じように食べてしまうと脂肪がつきやすくなります。ですが、急激に食べる量を減らすと筋肉の衰えにも影響してきます。適度な食事量にし、野菜を多く摂ることを心がけましょう。また、脂質が多いメニューは控えましょう。

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別