始めよう!腸活

近頃、「腸活」という言葉はテレビでも取り上げられ、耳にする機会が多くなりましたね。
でも、腸活ってどういうこと?方法は?など、今回は「腸活」の紹介をしていきたいと思います。

 

腸活とは

腸活とは、腸内環境を正常にして健康な体を手に入れることを言います。腸には約1憶個の神経細胞が存在し、これは脳の約150個に次いで体内で2番目に多い数字です。これを元に、腸は「腸管神経系」という似た組織を持っていることから、臓器の中で唯一、脳からの指示がなくても、独自で判断して動くことが可能と言われています。

また、心のバランスを保ち、幸福を感じやすくする脳内ホルモンのセロトニンは、実はその95%が腸内で生成されています。セロトニンが不足すると、イライラしたり気分が落ち込みやすくなったりと、うつ病などの発症の原因となるため、腸内環境を整えセロトニンの生成がスムーズに行われるようにすることは、心身ともに健康を保つには欠かせません。

 

腸内環境を整えるメリット

・痩せやすい体になる
太りやすい腸内環境のプロセスとは、便秘→栄養の吸収が悪くなる→エネルギーを必要以上に摂ろうとしてしまう→皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすくなるという仕組みです。腸内環境を整えて便通をスムーズにすれば、痩せやすい体に転換することができます。

・便通がスムーズになる
便秘は、腸内環境が悪化しているサインです。腸の中に便が長い間とどまると、悪玉菌が増え、悪玉菌が出す毒素が血管に吸収されて全身にまわり、頭痛や肩こり、冷え、太りやすくなるなどの不調も引き起こしてしまいます。腸内環境が整えば、便秘や下痢などの不調を改善できます。

・肌がきれいになる
腸内環境が悪いと、悪玉菌が作り出す毒素が血中に吸収されて全身をめぐってしまうので、皮膚にも影響を及ぼし、肌荒れを起こしてしまいます。高価な化粧品で外から地道に肌のケアをするより、腸内環境を整えて内側からのケアに力を注いだほうが、肌荒れの早期改善が期待できます。

腸内環境を整える方法とは

色々な腸活の方法がありますが、その中でもおすすめしたいのが、食物繊維と乳酸菌を積極的に摂ることです!その目的と、おすすめの食材を紹介します。

①善玉菌にエサを
腸内を整える細菌を育てるのに必要になってくるのが、「食物繊維」です。果物や野菜に多く含まれる食物繊維は、腸や胃で消化・吸収されずに、大腸まで直接届く事が特徴です。海藻のようなネバネバ食材に含まれる「水溶性食物繊維」と、豆類やキノコ類に含まれる「不溶性食物繊維」の2種類があります。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌に必要になのは、水溶性食物繊維です。

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別