ダイエットにはオーガニックなパンを

パンっておいしくて何個でも食べてしまうものですよね。また主食とする方も多いですよね。パンが好きでも食べ過ぎると気になるのはやはり糖質です。糖質は摂り過ぎると健康に影響が出てしまいます。そこで、低糖質なパンをご紹介します!

 

オーガニックパン

オーガニックとは、有機と同じ意味です。農薬や化学肥料に頼らず、自然の恵みを

生かした農林水産業や加工方法のことです。

オーガニックパンのキーワードは「全粒粉」と「天然酵母」です。

 

全粒粉

全粒粉とは、小麦粉の粒を丸ごと挽いたものです。小麦粉の「胚芽」という部分がありますが、普通の小麦粉はこの「胚芽」を取り除いて挽いています。「胚芽」には食物繊維、ビタミン、ミネラルなど、たくさんの栄養素が含まれています。つまり全粒粉とは、この「胚芽」のたくさんの栄養素をそのまま摂ることができるのです。100gあたりのカロリーは、薄力粉は約368kcal、全粒粉は約340kcalです。全粒粉が小麦粉よりも少し低いことがわかります。全粒粉は流通量が少ないので、小麦粉よりも値段は高めになっています。しかし先ほども紹介したように全粒粉には栄養素がたくさん含まれているため、全粒粉のパンは普通のパンよりも健康的に食べることができると言えます。加工した小麦粉より、素材そのものを使っている全粒粉は健康に良いのですね。

また、全粒粉のパンは小麦粉に比べて糖質が少ないことともう一つ、歯ごたえがあるため咀嚼回数も増えます。つまり、低糖質なパンをよく噛んで食べることになるためダイエット効果が期待できます♪

 

天然酵母

パンを作るとき生地を発酵させる手順があります。その時、粉と水の他に「イーストフード」菌を使います。イーストフードは人工的に作られているものです。コンビニのパンなどは、大抵このイーストフードが含まれています。間違いやすいのは「イースト」は健全な酵母です。「イーストフード」とは違うということを知っておいてください。

果物(イチゴ、ブドウ、バナナ、パイナップル、桃…)や穀物(玄米、小麦…)などの周りに「酵母菌」というものが付着します。これを採取し、自然に発酵させた酵母のことを「天然酵母」といいます。「イースト」に比べると発酵する力が弱いため、時間をかけておいしくなります。

 

気を付けておくこと

健康的にパンを食べるには、全粒粉で天然酵母のパンがおすすめです。しかしこのパンも、結局は食べ過ぎてしまうとダイエットにはなりません。栄養素が高く小麦粉のパンよりも健康的に食べられるということに焦点を当てています。おいしくダイエット向きにするには、食べ方の工夫も大切ですね。全粒粉・天然酵母のパンのおすすめの食べ方をご紹介します。

 

おすすめの食べ方

全粒粉パンは歯ごたえがあります。霧を吹きかけてオーブントースターで軽く焼き直すと、シンプルにおいしく食べることができますよ。外はカリッと、中はフワッとした食感です♪

もう少し手間をかけると、

  • ①パンを好きな大きさに切ります。
  • ②鍋で水を沸かします。
  • ③沸騰してきたら、ザルの中にパンを並べて鍋の上においてください。
  • ※この時、水には直接パンが触れないように注意して下さい。
  • ④1分~2分ほど蓋をして蒸します。
  • ⑤完成!

蒸すとパンのもっちりした食感がたまりません!

バターとジャムをつけて食べるのもおいしいですが、目玉焼き、レタス、トマトなどの野菜をのせて食べると、ボリュームもあり食べ応えが増します!

ジャムで食べるときは砂糖が抑えめの商品を選んで一緒に食べるようにしましょう。

まとめ

全粒粉・天然酵母は値段が少し高くなってしまいますが、素材に気を付けていくことで、パンを食べても健康にダイエットはできます。栄養バランスを大事に、偏った食事にならないようにしましょう!ドクターリセラでは島根県内の福祉施設「さくらんぼのお家」で作られた全粒粉パンを販売しております。体に優しく、とっても美味しいパンで健康的な食生活を送ってください。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別